反り腰|久留米市・安武町・津福駅 久留米まつもと整骨院

TEL 〒830-0072 福岡県久留米市安武町安武本3159-1

反り腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰が沿っているように感じる
  • 長時間の立ち仕事・座り仕事で腰が痛む
  • 仰向けで寝ると腰が痛い

反り腰とは|久留米まつもと整骨院

背骨の骨は首の骨(頚椎)、胸の骨(胸椎)、腰の骨(腰椎)の24個の骨でできており、それぞれ ゆるやかなS字カーブを描いています。腰の骨は本来、前弯と言って前にカーブしている状態ですが、反り腰はそのカーブが強すぎる状態になることです。久留米まつもと整骨院にも反り腰の患者様が多く来院されています。

セルフチェックをしてみましょう。

・壁にかかとと肩をつけてまっすぐ立った時に、腰と壁の間に手のひらが一枚分以上入る隙間がある

・横を向いて寝る姿勢になり、上側の脚の膝を抱きかかえた時、膝が胸の方へつかない以上のような場合、反り腰である可能性があります。

なぜ反り腰になるの?|久留米まつもと整骨院

  • 骨盤が前に傾いている

  • 腰部の筋肉が過剰に働く

  • 姿勢を保つ筋肉の筋力低下

  • ヒールの靴を履くことが多い

  • 良い姿勢をしようとして胸を張り過ぎている

反り腰は女性に多い姿勢です。腹筋などの身体を支える筋肉の筋力低下が起こると骨盤が前傾 し、骨盤につながっている腰椎も前弯が強くなります。

そうなると、腰部の筋肉は過剰に働き、腹部の筋肉と腰部の筋肉のバランスは悪くなります。腰痛が起こったり、腹筋の筋力低下、腰部の筋肉の緊張がますます強くなるのです。

また、反り腰になることで、腰部脊柱管狭窄症や、坐骨神経痛などの疾患が引き起こされること もあります。

反り腰は、筋力の問題だけでなく、歩き方や脚、骨盤、胸の骨の可動性などの影響を受けて起こ ることも考えられます。

例えば、ヒールが高い靴を履くと前に体重がかかり、重心が前方になります。前方になった重心 を元に戻そうとして、反り腰になるのです。

さらに、胸椎の可動性が悪くなると背中が丸まります。丸まった背中を起こそうとして反り腰にな るということもあります。

また、女性の悩みで多い太ももの前面の張りも、もしかしたら反り腰が原因かもしれません。腹部の筋肉が弱くなると、代償的に股関節の筋肉を過剰に使ってしまうからです。

このように反り腰の原因は筋力だけの問題ではなく、姿勢や腰以外の部位の可動性の問題も多 くあります。久留米まつもと整骨院では反り腰になる原因を探しながら治療方針の決定をしていきます。

放っておくとどうなるのか|久留米まつもと整骨院

反り腰を放っておくと初めのうちは痛みなどの症状がなくてもだんだんと腰の痛みがでてきたり、足の痺れがでてきたりします。また腰の骨が変形していって変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄 症、坐骨神経痛などの病気へと進行していくこともあります。

足の痺れや力の入りにくさなどの神経症状が現れると最終的に手術の適用になることもあります。

そのためセルフチェックで反り腰の傾向がある方、周りから反り腰だと言われる方は一度早めに久留米まつもと整骨院に施術にきていただくことをおすすめします。

当院の反り腰への治療法|久留米まつもと整骨院

反り腰は見た目やスタイルが悪くなるだけでなく、腰部脊柱管狭窄症や坐骨神経痛などの要因にもなる可能性があるため、今は痛みが出ていなくても今後痛みにつながる恐れがあります。

反り腰の改善方法は正しい骨格に近づけていくことです。久留米まつもと整骨院ではまずカウンセリングにて日常生活やその方自身のクセ、左右の筋肉のバランス、可動域など、身体のゆがみを確認していきます。

その上で骨盤・身体のゆがみ矯正を行います。筋肉は正しい骨格、可動域に戻ることで正常な働きが行えるようになります。

しかし、日常的にヒールを履いたり、お子さんを抱っこする機会が多い、腹筋が極端に弱い場合など“身体のゆがみ”は日常生活でのくせや姿勢で引き起こされるため、放っておくと、再び姿勢 不良となってしてしまいます。

ゆがみは3、4日でまた元に戻ろうとするため、短期間で矯正を繰り返すことをおすすめしています。72時間以内に矯正を繰り返すと姿勢が定着してくる72時間ルールというものがあります。

人の体の細胞は3ヶ月で新しく生まれ変わるため、3、4日おきの矯正を3ヶ月繰り返す【3ヶ月プログラム】で、姿勢が定着し、ゆがみ改善、痛みが改善されます。

反り腰やスタイルが気になる方、骨盤・身体矯正を行うことで、キレイで健康な身体作りを目指し ましょう。

反り腰が気になる方は是非「久留米まつもと整骨院」へお越しください。

Q&A|久留米まつもと整骨院

Q1 反り腰とは、どんな状態のことをいうのでしょうか?|久留米まつもと整骨院

A 反り腰とは専門的な言葉で「骨盤前傾」といい、骨盤が前側へ倒れ骨盤にある骨の1つである坐骨(お尻の下の骨)が後ろに出っぱっていることを指します。 本来、人の正しい姿勢はS字姿勢であり、骨盤がまっすぐに立ち、背骨がゆるやかなカーブを描いています。

Q2なぜ反り腰になってしまうのでしょうか?|久留米まつもと整骨院

A 主な原因として、腰部と腹部の筋肉のバランスが相互に崩れることで反り腰になってしまいます。
さらに、体重増加により、お腹が出た体型に変化してしまい、お腹が大きくなると、その分だけ重くなってしまい、立っている姿勢で身体が前方に傾いてしまいます。

執筆者:久留米まつもと整骨院
院長 村上 恵介(治療家歴15年)

整形外科の医師と連携し、安心・安全をモットーに、お1人お1人の患者様に寄り添った治療をご提案をさせていただきます。

お問い合わせ

  • 久留米まつもと整骨院
  • LINE
  • 診療時間
店舗名
久留米まつもと整骨院
住所
〒830-0072
福岡県久留米市安武町安武本3159-1
アクセス
駐車場完備(45台)

店舗画像

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

院内紹介

スタッフ紹介

当院で対応できる症状リスト

患者様の声

採用情報

会社概要

  • スタッフブログ
  • LINE
  • Instagram
  • 採用情報