脊柱管狭窄症|久留米市・安武町・津福駅 久留米まつもと整骨院

TEL 〒830-0072 福岡県久留米市安武町安武本3159-1

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰が痛い
  • お尻や足に痺れがある
  • 長く歩くと腰の痛みや足の痺れで歩けなくなる
  • しゃがんで休憩すると楽になる
  • 長く立っていると腰が痛くなる

脊柱管狭窄症とは|久留米まつもと整骨院

背骨には脊柱管という神経の通り道があります。脊柱管狭窄症とは脊柱管が何らかの原因で狭 くなり神経を圧迫してしまい、腰痛、お尻や足に痺れがでる病気のことをいいます。

脊柱管狭窄症の症状の特徴としては「間欠性跛行」があります。歩くと腰の痛みやお尻から足へ の痺れが強くなり休憩しないと歩けないという症状です。

しゃがんだり前かがみになって休憩する と楽になるといわれています。楽になる理由は背骨が前に曲がることで神経の通り道が広がる からです。

なぜ脊柱管狭窄症になるのか|久留米まつもと整骨院

脊柱管の周りには背骨、黄色靭帯、椎間板などの骨や組織があります。背骨がずれたり、変形 することで脊柱管を狭くしてしまうことがあります。また黄色靭帯が肥厚したり、椎間板が変性して飛び出すことも脊柱管を狭くして神経を圧迫してしまいます。

普段の姿勢や身体の使い方で腰への負担がかかり、変形が進んでいきます。

筋肉が硬くなった り、骨盤を含めた身体の歪みがあると余計に腰に負担をかけていってしまいます。運動不足などの筋力低下も要因の一つとなります。

放っておくとどうなるの|久留米まつもと整骨院

脊柱管狭窄症を放っておくと背骨の変形などが進んでいき、症状が強くなっていく可能性があります。

症状が悪化していくと神経症状が強く出るようになり、歩ける距離が段々短くなっていきます。また足の麻痺が出て力が入らなくなったり、排尿の障害が出てきたりします。

施術や体づくりにより改善していくこともありますが時間が経ち、症状が悪化していくと選択肢が手術になっていくこともあります。

当院での脊柱管狭窄症の施術内容|久留米まつもと整骨院

久留米まつもと整骨院ではカウンセリングを行い、現在のお身体のお悩みを確認していきます。 また姿勢や身体の動きの確認を行い、脊柱管狭窄症になっていく腰に負担がかかる部分を確認 していきます。

腰周りの筋肉の硬さや腰の動き、また骨盤や身体の歪みをみていき症状を改善させる方法を考えていきます。

原因の多くは骨盤が歪み、腰やお尻周りの筋肉が硬くなり、腰に負担をかけていることです。そ のため久留米まつもと整骨院では骨盤矯正を行い、お身体のバランスを整え、またインナーマッスルなど筋力を鍛えていくことで腰にかかる負担を軽減していく方法を行っております。

長く歩けない、足が痺れるなどのお悩みがある方は一度「久留米まつもと整骨院」へお越しください。

執筆者:久留米まつもと整骨院
院長 村上 恵介(治療家歴15年)

整形外科の医師と連携し、安心・安全をモットーに、お1人お1人の患者様に寄り添った治療をご提案をさせていただきます。

お問い合わせ

  • 久留米まつもと整骨院
  • LINE
  • 診療時間
店舗名
久留米まつもと整骨院
住所
〒830-0072
福岡県久留米市安武町安武本3159-1
アクセス
駐車場完備(45台)

店舗画像

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

院内紹介

スタッフ紹介

当院で対応できる症状リスト

患者様の声

採用情報

会社概要

  • スタッフブログ
  • LINE
  • Instagram
  • 採用情報