オスグッド|久留米市・安武町・津福駅 久留米まつもと整骨院

TEL 〒830-0072 福岡県久留米市安武町安武本3159-1

オスグッド

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝のお皿の下の骨の出っぱったところが痛い
  • 出っぱったところを押すと痛い
  • 走ったり、ジャンプをすると痛みがでる
  • 痛みで膝の曲げ伸ばしができない
  • 立ち上がるのも痛い

オスグッドとは|久留米まつもと整骨院

オスグッドとは病名はオスグッド・シュラッター病といい、成長期の小学生〜高校生でスポーツを しているお子さんに発症しやすい病気です。特に身長が急激に伸びた方に発症しやすいといわ れています。原因としては太ももの前面の大腿四頭筋といわれる筋肉が膝のお皿の下の骨(脛 骨)の脛骨粗面という場所を引っ張ることで成長軟骨を剥離してしまうことで痛みを起こしてしまい ます。

引っ張られた部分が段々出っぱってきて骨化していき、その部分を押さえるだけでも痛みがあります。炎症が強くなっていくと腫れや熱を持つこともあります。

症状は日常生活では痛みはなくてもスポーツをすると痛みが出てくる、日常生活で歩くだけでも 痛い、痛みで正座ができないなど様々です。

オスグッドは痛みが少ない初期に無理をしてしまうと痛みが強くなり、痛みを長引かせてしまうこともあります。

なぜオスグッドになるのか|久留米まつもと整骨院

オスグッドは痛みが太ももの筋肉である大腿四頭筋が付着しているお皿の下の骨を引っ張ること で痛みが生じます。オスグッドになる原因としてはいくつか考えられます。

オスグッドになる原因

・太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなり柔軟性が低下している。

・ジャンプやしゃがみ動作など膝の曲げ伸ばしをたくさん行うスポーツで起こる。

・ウォーミングアップやクールダウンでストレッチをしっかりと行っていない。

・猫背など姿勢が悪い。

・身長が急激に伸びた。

など様々な原因が考えられます。

太ももの前の筋肉が硬くなることで膝のお皿の下の骨を引っ張る力が強くなりオスグッドを発症しやすくなります。ジャンプなど大腿四頭筋をたくさん使用するスポーツでは大腿四頭筋が疲労し やすく、疲労が蓄積することで柔軟性が低下します。またスポーツ前後でのストレッチも重要で、 ストレッチを行うことで太ももの筋肉の柔軟性を高めておくことが大切になります。

猫背など姿勢が悪くなると体幹やお尻の筋肉が弱くなってしまい、身体の使い方も変わってしま います。その状態でスポーツを行うと太ももの筋肉に負担をかけやすくなり、大腿四頭筋の筋疲労を起こしやすい状態になります。

身長が急激に伸びると骨が伸びますが筋肉が体に追いついていない状態になります。

その状態でスポーツを続けているとオスグッドを発症しやすくなります。

放っておくとどうなるの|久留米まつもと整骨院

オスグッドは症状の軽度の初期に治療を行わずに放っておくとスポーツをするときだけ痛かった のが日常生活で歩くのが痛い、正座するのが痛いなど痛みが増強して日常生活に支障を生じてしまいます。また負担がかかり続けるとお皿の下の骨が出っぱってしまい大人になってからも正座の時に当たって痛いなど後遺症が残ってしまうこともあります。

オスグッドになると後遺症を残さないために早めの施術をおすすめします。

当院でのオスグッドの施術内容|久留米まつもと整骨院

久留米まつもと整骨院ではカウンセリングにて現在の痛みが出ている部位の確認を行い、症状 に対してどのように対応していくかを検討していきます。またスポーツや普段の運動の内容や頻度の確認や、痛みに応じて動作の確認などを行っていきます。

炎症期にはアイシングや動作指導、また少し痛みが軽減してきたらストレッチや運動時の動作の確認を行っていきます。また骨盤の歪みや普段の姿勢によって動作時の太もも(大腿四頭筋)へ の負担が増えてきますので骨盤矯正や姿勢の指導を行っていき、最終的にはスポーツ動作での注意点や動作指導を行っていきます。

オスグッドでお悩みの方は是非一度「久留米まつもと整骨院」へお越しください。

Q&A|久留米まつもと整骨院

Q.オスグッド病とは?|久留米まつもと整骨院

A.膝の下(膝下の少し盛り上がった骨の部分)が筋に引っ張られて炎症を起こしてしまう病気です

Q.どんな子どもがなりやすい?|久留米まつもと整骨院

A.
・スポーツに取り組んでいる子ども
ジャンプ、ボールを蹴るような動作が多いスポーツをしている
・膝に負担がかかりやすい、サッカー、バレーボール、バスケットボール、陸上競技などでよく発症します。
特に、小学生高学年〜中学生ごろの男子に多く発症します。(女子も発症します。)

Q.オスグッド病の初期症状は?治療は?|久留米まつもと整骨院

A.
・膝がズキズキ痛い
・常に痛いが、動かすと痛みが増す
といった症状があらわれます。
痛みがひどくなると、「痛みで歩けない」「スポーツができない」状態となることもあります。
治療法は、大腿部の筋肉が硬くなっているので筋が緩む施術を行います。
まずは、少し動いても痛くないような身体を作る治療をしていきます。

Q.子どもが大丈夫って言っているから「放置してもOK」?|久留米まつもと整骨院

A.子どもに任せて放置はよくありません。
子どもに任せてしまうと、無理してスポーツを続けたり、体を動かしてしまうことが多いためです。
オスグッド病は、まず安静が必要です。
部活やスポーツは、一旦お休みをさせましょう。

Q.悪化すると…どうなる?|久留米まつもと整骨院

A.オスグッド病は、悪化すると炎症が周りの組織に広がります。最悪、手術が必要になる場合もあります。
そうならないように早期に発見必要になりますので当院にご相談ください。

Q.早く治すためには…?|久留米まつもと整骨院

A.スポーツはお休みをとりましょう。無理すれば、結果、治療が長引きます。
なおかつ当院で治療をすると早期回復が出来ます。
痛みや腫れが落ち着くまでは、なるべく負荷をかけないようにしましょう。

執筆者:久留米まつもと整骨院
院長 村上 恵介(治療家歴15年)

整形外科の医師と連携し、安心・安全をモットーに、お1人お1人の患者様に寄り添った治療をご提案をさせていただきます。

お問い合わせ

  • 久留米まつもと整骨院
  • LINE
  • 診療時間
店舗名
久留米まつもと整骨院
住所
〒830-0072
福岡県久留米市安武町安武本3159-1
アクセス
駐車場完備(45台)

店舗画像

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

院内紹介

スタッフ紹介

当院で対応できる症状リスト

患者様の声

採用情報

会社概要

  • スタッフブログ
  • LINE
  • Instagram
  • 採用情報