ランナー膝|久留米市・安武町・津福駅 久留米まつもと整骨院

TEL 〒830-0072 福岡県久留米市安武町安武本3159-1

ランナー膝

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝の外側が痛い
  • 走ると痛い
  • 階段の上り下りが痛い
  • 膝の外側が腫れている
  • あぐらをかくと痛い

ランナー膝とは|久留米まつもと整骨院

ランナー膝は正式名称は腸脛靭帯炎といわれ、膝の外側に痛みが出現する疾患です。痛みの出る場所によって判別しますが外側半月板損傷や外側円盤状半月との見分けが重要です。またマラソン選手や膝の曲げ伸ばしが多いアスリートに多く発症するためこのような名称で呼ばれています。

なぜ痛みがでるのか|久留米まつもと整骨院

ランナー膝は膝の曲げ伸ばしによって、骨盤の外側から膝の下まで伸びている腸脛靭帯が膝上の骨(大腿骨外側顆)摩擦を繰り返すことによって痛みが出現します。そのため腸脛靭帯の硬さや膝のねじれ、ランニングのフォームなどが原因であることが多いといわれています。

 

 

 

 

 

 

根本的な原因は、骨盤のゆがみや体のゆがみにより体の使い方が変わってしまい、太ももの外側への負担が増えてしまったことで腸脛靭帯が固くなってしまうことです。張りが強い状態での膝の曲げ伸ばしでは腸脛靭帯と骨がこすれてしまうため、炎症を起こし、痛みが出現してしまいます。

放っておくとどうなるの|久留米まつもと整骨院

ランナー膝を放っておくと膝の外側部の炎症がひどくなり、痛みがある部分が腫れを起こしてきます。そして階段の上り下りが不自由になったり、膝の曲げ伸ばしの制限がでてきます。また膝の痛みがあると膝をかばって歩いたり、階段の上り下りをすることになるため足首や股関節、腰などにも負担がかかってきます。

当院のランナー膝の治療法|久留米まつもと整骨院

久留米まつもと整骨院ではカウンセリングにて現在の痛みが出ている部位の確認を行い、痛みの原因特定のため、左右の身体のバランス、体の歪みも確認していきます。また痛みの出ている膝だけでなく、足関節、股関節、骨盤、体幹などをチェックし、影響がでていないか確認していきます。

痛みが出ている部分への施術をしっかりと行い、その上で骨盤・身体の歪みの矯正を行い、痛みが出てしまっている根本的な原因を取り除きます。最終的にはスポーツ動作での注意点やアドバイスを行っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランナー膝でお悩みの方は是非一度「久留米まつもと整骨院」へお越しください。

Q&A|久留米まつもと整骨院

Q.ランナー膝とは、どのような人に起こりやすいですか?|久留米まつもと整骨院

ランナー膝は、ランニングやジャンプなどの繰り返しの動作を行うスポーツ選手やランナーによく見られます。特に走り方が不適切であったり、過度のトレーニングや急な負荷の増加がある場合に発症しやすいです。

Q.ランナー膝の症状はどのようなものですか?|久留米まつもと整骨院

ランナー膝の主な症状には、ふくらはぎの後ろや膝の周りでの痛みがあります。痛みは運動時に増強される傾向があり、特に下り坂や階段の降りる際に痛みを感じることが多いです。

Q.ランナー膝の治療法にはどのようなものがありますか?|久留米まつもと整骨院

ランナー膝の治療法には、関節の調整や、筋の収縮・伸長の調整をする必要があります。
また、膝だけでなく下腿部、大腿部の調整も必要です。

Q.ランナー膝は再発する可能性がありますか?|久留米まつもと整骨院

ランナー膝は再発する可能性があります。予防策としては、適切なウォームアップやクールダウン、適度なトレーニング量、適切な靴の選択などが重要です。また、体の不調や疲労に敏感に反応し、適切な休息をとることも大切です。
それが、難しければ当院に全てお任せください。

Q.ランナー膝が治った後でもランニングを続けることはできますか?|久留米まつもと整骨院

ランナー膝が治った後でもランニングを続けることは可能ですが、再発のリスクを最小限にするためには注意が必要です。徐々にトレーニングを再開し、体の状態に合わせた負荷管理や予防策を継続することが重要です。

執筆者:久留米まつもと整骨院
院長 村上 恵介(治療家歴15年)

整形外科の医師と連携し、安心・安全をモットーに、お1人お1人の患者様に寄り添った治療をご提案をさせていただきます。

お問い合わせ

  • 久留米まつもと整骨院
  • LINE
  • 診療時間
店舗名
久留米まつもと整骨院
住所
〒830-0072
福岡県久留米市安武町安武本3159-1
アクセス
駐車場完備(45台)

店舗画像

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

院内紹介

スタッフ紹介

当院で対応できる症状リスト

患者様の声

採用情報

会社概要

  • スタッフブログ
  • LINE
  • Instagram
  • 採用情報